イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

GravedLachs

   

今日の晩御飯は次男と二人きり。
鮭の半身が冷蔵庫に寝ているので、次男に聞いてみました。
ーー 鮭があるけど、どうやって食べたい?
ううん、食欲ない。
困るのよ、鮭の半身。
ちょっと考えて、ひらめきそうだ、Graved Lachs を作ろう!
いつものように、すごく簡単。
香辛料をまぶして、48時間置くだけ。
材料は、、、これ、よく分からないとのご指摘をいただきました。
うーーーん、このおふくろの味ブログ。
なんせ、普段、ドイツの家庭で作っているものだから、日本でこの材料が入手可能かどうか、、、
とにかく書いてみましょう。
DSC_0341.JPG
鮭の半身、750g (皮付き)
この半身を大きいラップの上に、皮を下にして置き、
この身の方に、大匙4杯のPernod (ぺルノー), ジン、ウォトカ、ウィスキー、焼酎など好きなアルコールをかけ、なじませる。
Wacholderbeeren ジュニパーベリー 小さじ 1 (省いてもOKです)
黒こしょうの粒 小さじ 1 (無ければ、小さじ半分のこしょう、白でも、黒でも、お好きに)
Senfsaat 西洋からしの粒 無ければ、省いてください。
以上を細かく砕いて、これに、
結晶になった塩 40g、 又は、普通の塩、30g
砂糖 30g (私は、粗目を使います。)
を混ぜ、全体に振り掛ける。
Dill で全体をおおう。
Dillを日本語で調べて見ましたが、一般的ではないようですね。
こちらでは、Dillの代わりにバジリコ (バジル) を使うこともありますので、トライしてみて下さい。
レモンの皮 一個分をおろして、上から振りかける。
DSC_0344.JPG
これをぴっちりとラップで覆い、上にもう一枚、まな板のようなものを載せ、さらに重石をして、(=例えば、水の入ったペットボトルを2kg分とか) 48時間、冷蔵庫で寝かせる。
材料でお困りの方、大切なのは、こしょう、塩、さとう、香草 (日本の場合は、バジリコ)です。
日本には、日本の香草がありますから、いいアイデアをお持ちの方、ぜひお知らせください。
おいしいものは、みんなで食べましょう。
明日は、これに合うソースをお伝えします。
P.S. 写真が暗い!とのご指摘もいただきました。次回からは、いつもフラッシュを使った方がいいかな?トライしてみます。

 - 日記