イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

Rouladen

   

今週はあまりにも忙しいからブログもアップできないかなと思いつつ、でも、ちょっと時間がずれましたがPCの前に座っています。
新しいPCが来て、インストールも済んでいるのにまだ使っていません。
カビが生えないうちに使わないと、、、
今日のタイトルのRouladen、巻くことを意味します。
今日はポークで作りました。
キャベツで巻くと、Kohlrouladen, これはロールキャベツですね、牛肉で巻くと、Rinderrouladenになります。
中に入れるものは皆さん好き好き。煮込みのソースも好き好き。
私は、いつもの様に簡単に、たまねぎとピクルスを巻きました。
ポーク 3-4mmの厚さの肉を用意します。
肉たたきで叩いて均等の厚さにに伸ばします。
叩き過ぎないように。
私は怒りに任せて叩き、肉の塊をミンチにしたことがあります。お気をつけ下さい。
塩コショウしてから、
洋からし を塗り、
DSC_0458.JPG
ベーコンを1-2枚乗せ、
たまねぎの薄切りと
ピクルスの細切りを乗せて端から巻きます。
DSC_0459.JPG
フライパンで軽く色づけ、
ここでワインがあれば、肉の上からふりかけて下さい。
DSC_0460.JPG
フライパンの底から1cmくらいの量のブイヨンで煮込み、コーンスターチでとろみをつけて出来上がり。
トマトソースで煮込んでも良いし、ブイヨンで煮込んで生クリームで仕上げても美味しいですよ。
イタリアでは、冬場に良く食べる肉料理があります。
色々な骨付きの肉を長い時間をかけて煮込むのですが、その中に、にんにくのみじん切りとパセリと鷹のつめを豚の皮で巻いたものをいれます。
豚の皮は硬いので、爪楊枝ではなく、タコ糸を使ってとめます。
長い時間煮込んで柔らかくなった豚皮はたまらなく美味しい!
ドイツ人は、皮を嫌がる人が多いですね。
どうしてでしょう、、、
この煮込みは日本人には絶対受ける味だと思います。
冬になったら、一度このお料理もご紹介しましょう。
今日のお料理、出来上がりはこんな感じです。
DSC_0461.JPG
簡単な割りに、手が込んでいるように見えるでしょ?
たくさん作って、お友達も呼んでみんなで食べましょう!

 - 日記