イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

ゆでだこ

   

問屋に行ったら、新鮮なタコがあったので、一匹買ってきました。
1.2㎏、我が家にはちょうどいい大きさです。
息子たちは留守で作り方を見せることができませんでした。
が、、、そこがこのブログの意味のあるところ。
何時かはこのブログを見て、自分で作ってくれるでしょうか?
頭を裏返して、ワタを取るのって嫌いです。
それに、ぐっと押して口が、ブチュッと出てくるのも耐えられないくらい嫌いです。
けれど、ドイツではゆでだこが買えない。
やるしかないですね。
今日は全行程、ゴム手袋をつけて行いました。
結果、これはなかなか良い。
特に、塩もみするときに力を発します。
自宅でゆでだこを作る方、一度ゴム手袋をつけてやってみてください。
ワタを取る気持ちの悪さも半減します。
まず、ワタを取って、口も取って、きれいに水洗いします。
DSC_0585.JPG
これを、半カップほどの塩でもみます。
DSC_0589.JPG
40分位、塩もみするという事を聞いたことがありますが、私は20分位です。
泡が出てくるまで、吸盤一つ一つをもむような感じで、、、頭の裏も表も、、、
塩もみしている間に、大きな鍋でお湯を沸かします。
DSC_0590.JPG
こんな感じになるまで、根気よく塩もみしてね。
この後、きれいに洗って、お湯に入れます。
最初は頭をもって、足だけちゃぷちゃぷし、或る程度くるんと足が巻いたら、頭も入れます。
再び湧きあがったら、沸き立たせないようにして、約5分茹でたら出来上がり。
DSC_0592.JPG
ざるに入れて、冷まします。
以上!
出来立てがね、美味しいんですよるんるん
家にいないと思っていた次男が、出来上がりとともに登場。
お、タコじゃん!食べていい?
ーーー もちろんです。熱いから気を付けて!
足を一本切って食べていました。
かぶりつきです。
中心が少しとろりとしていて、大変おいしくできました。
何にもつけずにそのまま食べて、すごく美味しい。
まだ温かいうちに食べるお味は別格ですよ。
明日は、このタコと鮭でサラダを作る予定。
では、また明日。

 - 日記