イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

ドイツで作るシーフードミックスを使ったお好み焼き

   

お天気が変わって急に寒くなりました。
35度からいきなり15度。
体がついていきません。
なんだか食欲がなくて、食べるものは朝から果物ばかり。
ドイツは日本に比べて、果物が安く手に入ります。
しかもこの季節になると、他の国から色々な果物が入ってきます。
果物好きの私には、とっても嬉しい季節!
ここの処、他のブログなどで紹介されているこの桃。
DSC_0708.JPG
ドイツの桃と紹介されていることが多いですが、ドイツで買える桃であって、殆どは中近東や南アメリカから入ってきます。
ドイツでは皮をむかずそのまま食べます。
平べったい分、食べやすく、甘くておいしい桃です。
さて、今日の晩御飯は、お好み焼き。
お好み焼き、、、シーフードミックスを使ったお好み焼きです。
ここでは肉の薄切りなんて買えませんから、いつも半冷凍にしてから、スライサーで薄切りにします。
ただ、面倒。本当に面倒!
だから、シーフードミックスを使います。
DSC_0709.JPG
冷凍のシーフードミックスを使います。
解凍したら、独特のにおいを取るためにさっと冷水で洗います。
これはお好み焼きというより、落とし焼きかな?
分量は言えません。薄力粉と出汁と卵。いつものお好み焼と一緒です。
私はこれに少々の塩を入れます。あくまでも少々です。
ここで使うキャベツは、Spitzkohlという柔らかいキャベツです。
DSC_0711.JPG
今日はこれ一個を千切りにして、1㎏のシーフードミックスとあわせて作りました。
DSC_0721.JPG
直径12-13cmのお好み焼を焼いては食べ、焼いては食べ、完食!
この写真に載っているマヨネーズは、約3枚分です。
生地に味が付いているので、マヨネーズやソースをあまり使いません。
我が家でお好み焼きを食べる時には、へらやお箸を使わず、ナイフとフォークを使います。
これを使うと、本当に食べやすい。
私は、このお好み焼を少々のマヨネーズとお醤油でいただきます。
えっ、ヘン?
我が家では、私だけですが、、、
お好み焼きにチリパウダーを振りかけて食べたりもします。
あっさりしていて美味しいよ!
試してみて!

 - 日記