イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

肉詰めカリフラワー

   

今日から長男は彼女と旅行に行ってしまったし、パーティーから朝帰りの次男は、又お友達のバースデーパーティーで出ていったし、犬のチコちゃんも彼氏の家にお泊りに行ったし、、、
お昼は主人と昨日の残りのミートローフを温めて食べ、夜は主人がおそばを茹でてくれて、おしまい。
今日はお料理なし。
でもせっかくだから、何かレシピをひとつ。
簡単で美味しいもの、、、あれば私が知りたいな、、、
このブログでは息子たち用に、こちらで作っているお料理をなるだけ簡単にしてご紹介しているけれど、手抜きできないお料理もたくさんあるわけで、どこら辺まで譲歩してレシピを書き上げるか、難しいことが多々あります。
前にアップした、ナスのマーボーなんて実際にはもう少し複雑だけれど、簡単にしても結構おいしく食べられます。
そういうものを私自身探すけれど、これがなかなか、、、
思い付きで始めたこのブログ、もっと簡単に書けると思ってた、、、
でも、息子たちと約束した以上、やめるわけにはいきません。
cauliflower-318209_640.jpg
ドイツはKohl(キャベツ類のお野菜)の種類がたくさんあって美味しいよ!
では、今日のお料理。
お料理の写真はご紹介できないけれど、用意するものは、
合挽ミンチ   500g
玉ねぎみじん切り  1個
食パン     8枚切りなら2枚
牛乳      少々
卵       1個
カリーフラワー  1個
とろけるタイプのチーズ 5-6枚
スープ   200㏄
生クリーム 200㏄
ハンバーグを作る要領で、牛乳に浸したパンとみじん切りの玉ねぎ、ミンチ、卵を混ぜあわせます。
カリフラワーの葉っぱを取って、芯をくり抜いて、(でも、カリフラワーがバラバラにならないように気を付けて)カリフラワーの隙間に、ミンチの具をしっかり詰め込んでいきます。
芯の部分にも全部詰め込んだら、そのカリフラワーが入るくらいの耐熱容器に芯を下にして入れ、上にチーズを置き、スープ200㏄をそそいで、180度のオーブンで30分焼きます。
焼け上がったら火傷をしないように注意しながら、中のスープを取り出して小鍋に入れ、生クリームと合わせて温め、塩コショウ、好みで西洋からしを少々入れて味を調え、コーンスターチでとろみをつけます。
カリフラワーを切り分けてお皿に乗せ、ソースをかけて出来上がり。
茹でたジャガイモを付け合わせに。

 - 日記