イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

残り物でカレー

   

ドイツで6月中、ポストがストライキしたことはこのブログでもご紹介したでしょうか?
ストが終わって、それから更に1週間してから、我が家にも箱入りの郵便物が届きました。
その中には、待っていた大事なドキュメントは入っていません。
多分、また無くなってしまったんでしょうね。
珍しいことではないので、それが理由で頭に来るという訳ではありませんが、、、
私の怒りは別の処にあります。
つまり、仕事関係の郵便物が5週間分、一度に届いた!
その中には督促状が2通もありますが、私は彼らに聞きたい!
なんで請求書をポストで送るの?
メールで送ったらええやん!
オリジナルはその後でもええやん!
なんで!?
しかも督促状の前に着くべき請求書が届いていない!
今日は送金手続き、その他の書類の片づけ、、、気が付いたら、もう夕方の6時。
慌てて冷蔵庫を開けてみる。
仕方ないわ、、、あるもので、、、
ちょこっと残っている野菜を出してきました。
カレールーの箱がある。中身は、大箱の半分。いえ、その2/3。
明らかに足らない。
でも、これも片づけたい!
DSC_0749.JPG
今日はレシピなし!
いや、偉そうに言うんじゃなくって、分量が分からない。
とにかく、ルーが足らないから、ニンニクとショウガをこまかーーーいみじん切りにして弱火で炒め、タマネギのみじん切りも入れてさらに炒め、カレー粉少々と同量の小麦粉を入れ、それに見合うくらいの水とブイヨンのパウダーを投入。
別鍋で、タマネギの薄切りを弱火で炒めたら、強火にして500gの合挽ミンチを一緒に炒め、先ほどのルーと水をひたひたに加える。
ニンジン、ピーマン、ジャガイモを角切りにして加えて一緒に煮る。
あいだで、あくや肉から出る脂を取る。
脂はうま味ですが、健康を考えて取り去りましょう。
柔らかく煮えたら、ズッキーニも角切りにして投入。
沸き立ったら火を切り、市販のルーを入れて、蓋をしてルーが溶けるまでしばらく待つ。
全体を混ぜあわせ、とろみが強かったら水を足して、トマトピューレー、塩コショウ、チリなどで味を調えて出来上がり。
DSC_0750.JPG
いんげんの冷凍が少し残っていたので、それも最後に入れました。
ご飯を早炊きにして、カレーも同時に出来上がりました。
お味はね、不思議に市販のルーの味でなく、自分で作ったルーのカレー味に仕上がりました。
そっか、こんな手抜き方法もあったんだ。
サラダもつけず、カレーだけ。
ごめんね、明日はちゃんとご飯作るからね。

 - 日記