イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

簡単ビーフシチュー

   

日本は暑いですね。
42度の所も!熱中症が怖いです。
こちら北ドイツ、今日も21度でした。
いったい世界のお天気はどうなってしまったんでしょうね。
地球温暖化とはよく言いますが、実際、北ドイツは去年は暖冬、雪が降ったのはイブの夜だけ。
私は寒いのが苦手ですから良いんですけど、冬大好き!スノーボード大好き!の次男には物足りないことこの上ない。
真冬でも自分の部屋の暖房は切り、窓を開けているような子です。
だから、夏の暑いのはとっても苦手。
あの子、8月に日本に行っても大丈夫なんでしょうか。
そんな酷暑の毎日を送られている皆さんには誠に申し訳ないんですけど、、、
とにかく、こちらは寒いので、今日はビーフシチューです。
ごめん、気分悪いよね。
でも作ってしまったので、書き上げます。
本当に気分の悪い方はスルーしてね。
マークしておいて、冬になったら読んでください。
牛肉塊で、1㎏
にんにく 3片 薄切り
タマネギ 3個 3-4㎜の厚さに切る
ニンジン 3本 大きい乱切り
マッシュルーム 250g 4つ割り 
トマトピューレー 500g
水       500㏄
赤ワイン    100㏄
月桂樹の葉    5枚
Wacholderbeer 大匙2杯
肉を大きめに切り、強い目に塩コショウして、小麦粉をまぶす。
DSC_0751.JPG
フライパンにオイルを入れ、肉全体に焼き目が付くくらいまで焼く。
DSC_0752.JPG
焼いた肉は煮込み用の鍋に入れ、フライパンに今度はタマネギとにんにくを入れて、色が付くまで炒める。
DSC_0753.JPG
いためたタマネギは鍋に入れ、フライパンに少々のワインを入れて、フライパンに付いたうま味をこそげ取り、鍋に入れる。
鍋を熱くして、ニンジンとマッシュルームも入れて炒め、ワインを100㏄注いで一度ふたをする。
水を500㏄とトマトピューレー、月桂樹の葉、Wacholderbeereを入れて約1時間煮込む。
1時間たって肉が柔らかくなったら、塩コショウで味を調える。
DSC_0755.JPG
お肉からいい出汁が出るので、塩コショウだけで味が整います。
普通はジャガイモを付け合わせますが、うちの息子たちはヌードルの方が好きなので、いつもヌードルです。
スープが本当においしいですよ。
今、こちらは夜の10時。外気温は13度。
T-シャツ一枚では、部屋の中でも少し寒いくらいです。
明日も寒いしね、、、何作ろう、、、おでん?

 - 日記