イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

スナックは簡単にブルシェッタ

   

息子たちが帰ってきました。
飛行機到着のサインが出てから、1時間15分。やっと出てきました。
荷物が出てこなかったんだ。
いやー、税関で捕まっているのかな?なんかの不都合があったのかな?とか考えますよね、こんなに時間が掛かると。
元気に着いて、家で荷物を開けてみると、荷物も全部、無事でした。
ラッキーラッキー! 楽しみにしていた奈良生駒のお酒が割れずに届きました。
カバンから、出てくるでてくるお土産の山、これは、xxさんから、これはzzさんから、そしてこれはyyさんから、、、、、
そして土産話の楽しいこと。
もちろん全部を一度には伝えきれませんから、これからも何か思い出すたびに話してくれるでしょう。
食事の用意をしていましたが、お腹は空いていないというので、簡単にブルシェッタだけ出しました。
何時だったか一度レシピは書いたと思いますが、もう一度おさらい。レシピってないような物ですけれど、、、
DSC_1106.JPG
前もって用意するもの、
トマトの粗みじん切り  300g
パセリとバジリコのみじん切り  それぞれ小さじ山盛り1杯
エシャロットのみじん切り 一個分
オリーブ油   大匙2-3杯
塩コショウ 少々
を全部合わせて冷蔵庫に入れておきます。
ニンニク2個をニンニクつぶしで押し出して、オリーブ油80ccと混ぜます。
バゲット1本は厚さ1cmに切って、ニンニクオイルを片面に塗ってこんがりとトーストし、その上に前もって用意したトマトを載せ、好みでルコラを散らして出来上がり。
辛口の白ワインを開けて、久しぶりに家族のだんらんを楽しみました。
夕食にはいつでも食べられるようにチリコンカルネを用意しておきましたが、どうも寝ているようです。
無理もありませんね、長旅でしたから。
考えてみると、私がお料理したのは3週間ぶりです。
主人も、久しぶりに食べる側になれて嬉しいかも?
そろそろまた、私の番ですね。
パパ、3週間の間ご苦労様でした!

 - 日記