イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

Ravioli

   

久しぶりにラビオリを作りました。
昔取った杵柄。
実は昔、イタリアに一年ほど暮らしたことがあります。語学学校で知り合った先生が私を自宅に呼んで下さって、何度か一緒にお料理を作りました。
教えて頂いたお料理の中の一つがラビオリ。
その当時は自分でまな板の上でこねていたので、今日はフードプロセッサーを使わず自分で捏ね、パスタマシーンを使わず自分で薄くのばして作りました。
結果は?

二度とやらない!!

それはそれはしんどかった。
パン生地を延ばす時に使う、短いガス抜き麺棒というのを使ったのも問題だったのかも知れない。
薄く延ばすのに大変疲れました。
器械があるんだから、使えば良かった、、、、
それと、ラビオリを作る平べったいラビオリメーカーを使って作ったんですけれど、量が多い時は容器を使わずにシートの上に具を並べておいて、上からもう一枚シートをおいて、一個一個、ラビオリカッターで切り抜く方がうまくいきます。その方が簡単です。
今日は頂き物のラビオリメーカーを使いましたけど。
あれは次回の断捨離かな?

ラビオリを作るとき、フードプロセッサーでペースト状にすることがありますが、私はミンチのまま作りました。
ではいってみましょう。

まず、生地。原則は薄力粉100gに卵一個です。

薄力粉   400g
卵     4個
塩     小さじ1杯

小麦粉を木製のまな板の上に置き、真ん中に窪みを作り、塩と卵4個を入れ真ん中から少しづつ外側に向かって捏ねていきます。
捏ねて、捏ねて、捏ねて、全体が一つにまとまったら、布巾をかけて30分ねかせます。
その間に具の用意です。

牛ミンチ   400g
ベーコン   50g みじん切り
玉ねぎ    一個 みじん切り
卵      2個
パルメザンチーズ  大匙3杯
オリーブオイル   大匙2杯
マージョラム    小匙1杯 みじん切り
塩、コショウ

以上を全部混ぜ合わせます。

DSC_1121
シートをラビオリメーカーの上に置いて少しくぼみをつけ、具を入れていきます。この時たくさん入れるとうまくいきません。ちょっと少ない目の方が無難でしょう。
この上にシートをもう一枚置いて、麺棒で上から力を込めて押していきます。

DSC_1123
沸いたお湯の中に入れて3-4分茹でます。出来上がったら、玉じゃくしなどですくい上げ、お好みのソースで召し上がって下さい。
パルメザンチーズをかけたり、あっさりしたトマトソースも美味しいです。
私は牛のブイヨンに入れて頂きました。

DSC_1124

美味しかったけれど、もういいか、、、疲れました。

具が残っているので、主人が明日生地作りに挑戦するそうです。
自分の方が力があるからとのこと。
そうですか、頑張って下さい。

では、お手並み拝見!

 - 未分類