イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

万能ささみのスープ

   

昨日はチコちゃんの吐血と下血でバタバタしましたが、今日はもう平常時と変わらず。
この話をご存じない方は、こちらを見てね。 http://bossmama.seesaa.net/article/425247584.html
でもまだ食事は気を付けなければいけません。
昆布水1.5Lに、切って開いたささみ450gを入れて15分間煮だしたら、上品なスープが取れました。

本当はお米から一緒に煮たかったけれど時間があまりなかったので、柔らかく炊いたご飯少々と細かく小さく裂いたささみの肉を合わせ、たっぷりとスープをかけてあげました。ミネラルたっぷり。体に良いはず!
もちろん、猫様達も同じものです。

みんな完食しました。

あーーー、良かった。今晩は残りのスープを卵スープにしてご飯と一緒にあげようかな。
これって本当においしいんです。
ささみでスープを取る事は良くありますよね。
私はささみだけでなく、昆布も使います。このスープで茶碗蒸しを作るとおいしいですよ。お勧めです。

この季節に茶わん蒸し?

北ドイツ、本日朝は10度。日中15度でした。
そろそろ暖かいものが食べたくなります。今日は出来立てのお豆腐を買ってあるので、、、
そっか。あのスープでお豆腐入りの卵スープを作ろう。
えっ、これって家族みんな、犬様も猫様も同じご飯、、、ささみは犬様、猫様にあげます。出汁取った後だけど、、、

ヨーロッパのスープの取り方はとても面倒です。時間もかかります。
その点、日本の出汁の取り方は簡単!時間的にも速い。それに、このブログでもご紹介したとおり、昆布水を冷蔵庫に入れておけば、急いでいるときでもなんとかなる。煎り子だって水に入れて一晩おいておけば、次の日、火を入れたらすぐに出汁として使える。
すごいな、和食。カロリーが低くて、ミネラルが一杯。酵素もしっかりとれて、それにタンパク質だって充分に取れている。

日本の家庭では、非常に国際色豊かな食事をしていますよね。
中華料理、韓国料理、フレンチ、イタリアン、メキシコ料理、タイ料理、etc. etc…
こんなに国際色豊かに家庭で食べている国ってそうそうないでしょう。というか、私は知りません。
日本人はとても食と文化を大切にする国民だと思います。

ここの処息子たちはとても忙しくて、あまり顔を見る事がありません。
どこで何をしているのやら、、、
でも遅くなっても外食せずに帰って来て、家で食事します。お金がないという事も理由になりますが、、、

家のごはんが一番おいしいよ!

それが例え、おにぎりと卵焼きでも、そう言って食べてくれると嬉しいもの。

じゃあ、朧昆布と梅干でおつゆを作ってあげようか?

おお、最高!!

なんて乗せられて、母は毎日息子たちの為にごはん作りしています。
簡単な事なのに自分では作ろうとしない息子たち。息子の自立を求めるけれども、なんかまだ息子たちの世話を焼きたい母親。

私ってさ、このままいくと今後、”嫌われ姑ランキング”に参加してしまうのかな?

いやだー! 早く子離れしなきゃぁーー!!

 - 未分類