イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

1949年出版 ドイツ料理の本

   

今日はお料理のお話ではありません。だって、今晩作ったのは、鶏のから揚げとサラダ。全く当たり前の鶏のから揚げ。ブログのネタになりません。

じゃあ、何の話をしようか、、、

ワインの話、、、これはね、何時か始めたいと思っているけれど、とにかく奥が深いのでどこまでお話すればいいのか難しい。分類して、まとめてというと簡単には手が付けられないジャンル。もう少し、時間が掛かります。最低限知っておきたいワインの知識について、いつかお話いたします。

私の手元に、一冊の古いドイツの料理本があります。1949年出版の Hamburger Kochbuch。

DSC_1163
この本は、私がこちらに来た頃にご近所にいらしたご婦人から頂いたもの。
内容を見ると、今でもどこかの家庭で作られていると思います。
使われている材料もはとてもシンプル。ハーブなども数種類だけです。だって、この本は66年前に出版されたもの。戦後まもなく書かれたのですから、まだまだ材料調達が大変だったはずです。
オーブン料理もあるけれど、温度が書かれていない。あの当時のオーブンはマキや炭を使っていましたからね。温度調節はとっても難しかったそうです。煮込み料理ならいいけれど、ケーキを焼くとなると大変だったという話を聞きました。

 

例えば、ホットチョコレートの作り方。
チョコレート100gを小さく砕いて、冷たい牛乳1Lと一緒に煮立てる。良く撹拌しながらチョコレートを溶かすこと。好みで砂糖を少々。

分かるけど、100gは少なすぎない?でもどんな味がしたのか一度作ってみようかな?

チョコレートで面白いのが、病人食の所にあるこの飲み物。何の病気に効くのかは書かれていません。ただ、滋養という意味かも知れません。

チョコレート 大匙1杯。 赤ワイン 100cc。 水 100cc。さとう大匙1杯。これら全部を湯煎にして混ぜながら沸かす。最後に好みで生クリームを大匙2杯上から注ぐ。

何となくおいしそう?でも、味がこれで出せるのかな?なんか弱そうだけど、試してみようか。

この本を検索してみたら、なんと売ってるんです。

43ユーロ + 送料。

まだ売っているんだ! さらに古い本があって、1843年に書かれた本。当時の字の書き方は今と違っていて、私でも読めますがすらすらという訳にはいきません。とっても読みずらい。これで料理をするのであれば。自分で書き直した方が良いでしょうね。一度時間がたくさんできた時に読んでみたい本です。

明日のメニューはもう決まっているので、いつかこの古いレシピのお料理をご紹介しましょう。

今度街中に行ったら古本屋さんを覗いてみようかな?何か掘り出し物が見つかりそうな予感、、、

 

 

 - 未分類