イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

ドイツのラビオリ、Maultaschen

      2015/11/06

なんか、、、お久しぶりです。
何でブログをアップしてなかったって?

ただ単に食事を作っていなかったから。

主人がキッチンに入りっぱなしで、私は自分の仕事をしておりました。
彼の料理の写真を撮ればよかったけれど、私のスマホはアップデートの為に私の手元に無かった。
いえ、いいんですけどね、言い訳なんて。

今日は夕方から眼科に行って、そのあとお友達の銀婚式のパーティーです。
眼科では瞳孔を開いての検査だから、おめめがめざしのまんまでパーティに直行か、、、なんか嫌だな、、、

銀婚式、はぁ、、25年ね。お互いにしんどいよね。でも25年一緒にいる事が出来れば次の25年も何とかやっていけそう?
熟年離婚はお金が掛かるからねぇ、、、うん、うちも我慢しよう、お互いに。

そんなことより、今日のお料理。

きょうは、ドイツのラビオリ、Maultaschen です。

大きくしても小さく作っても、お好きなサイズでどうぞ。
わたしは大きなサイズが好きです。

 

DSC_0022

 

生地

小麦粉 300g
卵   3-4個
オリーブオイル 大匙2杯
塩   小さじ1杯

以上を10分ほど捏ねて、間で水分が足らないようなら少々の水も加えて捏ねて、そのあと上から布巾をかけて乾かないように30分寝かす。

フィリング 合挽ミンチ150g
ほうれん草 150gは洗って濡れたままでお鍋に入れて5分ほど火を通す。ざく切りにしておく。
玉ねぎ 一個みじん切り
卵1個
塩コショウ、少々
以上を混ぜあわせる。

きじを2mmの厚さに伸ばして、フィリングを入れて周りを押してとじる。または、ラビオリを作る要領で小さいものを作る。

あとはスープ、ブイヨンキューブのスープでもOK、に入れて弱い火で10分煮たら出来上がり。

あれば出来上がりにパセリのみじん切りを散らしてね。

生地はヌードルマシーンで延ばせば簡単に出来るし、ほうれん草も冷凍ならもっと早くフィリングが作れます。

あっさりしたお味です。肉、野菜、炭水化物が一度に全部とれますから、ランチに如何でしょう?

何時ものように簡単だから、作ってみてね。

 

 - 肉料理