イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

冷凍魚を使って、魚のハンバーグ

   

さて、今日はもうカレー用のお肉は煮込んだし、お米も研いで用意したし、あとはニンジン、タマネギ、ジャガイモを切って、それに昨日の残りのマッシュルームも入れてカレー粉を入れたら出来上がり。
こちらには、お肉の薄切りはありませんから、大きな肉を切って、または大きなサイコロに切ってある肉を煮込んでカレーにします。
どうしても時間はかかります。

簡単に作るなら、鶏肉。
でも鶏肉の骨を外したもも肉はどこででも手に入るものではありません。
運が良ければ、モモ肉でも骨を外した皮付きの肉、日本のモモ肉に近いものがありますが、大概は手に入っても、皮の付いていない骨なしのモモ肉です。
皮が大好きな私には、ちょっと物足りません。

さて、ここでカレーの作り方、、、っていうと、またスルーされますから、今日は過去記事から魚のハンバーグをご紹介しましょう。
こちらではよく作られますし、どこの朝市の魚屋さんでも買える一品です。
このお料理は冷凍魚で出来ます。
そりゃ、勿論、新鮮な魚で作ると美味しいですが、そこまで質にこだわる必要はありません。

∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼

2015・06・12

今日は息子たち二人とも、何だかローギアです。
まあ、お年頃だから色々あるんでしょうね。
長男は床屋に行って、さっぱりして少し気分転換したみたい。
次男はなんか無口で、、、食事の時も口数少なく、、、普段はあんなにしゃべるのに。

今日のメニューは次男が嫌いな魚料理。
小さい時は、ママ、青いお魚食べたい!なんて可愛く言ってたのに、最近は鮭以外は食べなくなりました。

およばれに行くと、何でも食べるんですよ。
でも、お魚はあまり食べたくないと、、、

あ、ちょっと違うかな?
サバ塩大好き。
日本に行くと、サバ塩をよく食べています。

こちらでもサバは手に入りますが、鮮度がね。
それに小さすぎたり、なかなか日本で食べるような良いのが手に入らないんです。

今日の魚のハンバーグは冷凍魚で作りました。作り方はお肉のハンバーグと同じです。

鯛 冷凍フィレ、皮無し 800g

食パン 8枚切り、3枚

ミルク少々

タマネギ 1個 みじん切り

卵 1個

塩コショウ

あればカイエンヌペッパー 少々

鯛は半解凍してぶつ切りにし、フードプロセッサーにかけてすり身状態にします。
食パンはちぎって、ミルクと混ぜます。

たまねぎのみじんぎりと鯛のすり身、卵1個、塩コショウ、そして好みで少々のカイエンヌペッパーを混ぜ、捏ねます。

 

DSC_0515

 

手にオイルをつけて、具を丸め、弱火で焦がさないように完全に火を通します。
焦げやすいので気を付けて下さい。

 

DSC_0517

 

私はヨーグルトと一緒に頂くのが好きなんですが、家族はお醤油で食べるのが美味しいといいます。

中に入れるパン粉の代わりにジャガイモを使っても作れます。
私はジャガイモを使う場合は衣をつけてコロッケにします。

昨日は揚げ物だったので、今日は余り油を取りすぎないようにお焼きにしました。

私はカロリーを取っても大丈夫!という恵まれた方は、衣をつけてコロッケ風をお勧めします。

今日はこれにキャベツを添えました。
私はベンリナ―で薄く切った、トンカツ屋さんで出してくれるようなキャベツが好きですが、家族は、ちょっと太めの千切りの方が噛みごたえがあっておいしいといいます。
でも別に何でもいいんですよ。何か野菜を添えて下さい。

今日はとても暖かかったので、これにしし唐をごま油で炒めたものと冷ややっこを付けました。

毎日こんなお天気だったらなぁー!

 - 魚料理