イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

次男が作ったコース料理 その2

   

次男も風邪をひいているのに、食事を作ってくれました。

ただ、次男が買い物すると、すごーくエンゲル係数があがります。
私など、主婦には出来ない買い物をします。

しかも、買い物に付き合ったのは父親。この二人が買い物に行くと、我が家は破産への道をまっしぐら、、、

いや、作ってくれたんだから、何も言うまい、、、
でも、私は早く元気になって、ごはん作りしないと、、、

で、風邪を押して作ってくれた次男のお料理。
出てきた食材。前菜だって!、、、前菜用にわざわざね。冷凍じゃないよ。

 

DSC_0579

 

背開きにして、塩して、グリル。

 

DSC_0582

 

DSC_0583

 

ちゃんと重しまでして焼いていましたよ。

前菜用のパンは、ニンニクオイルを熱したフライパンで焼き付けて、、、

 

DSC_0580

 

出来ました。まずは前菜。私は正直、エビはあまり好きじゃないけど、これは美味しかった。新鮮なエビは美味しい。冷凍はだめなのかな、、、

 

DSC_0584

 

その後に来たのが、スパゲッティ ゴルゴンゾーラ。なんか最近、ゴルゴンゾーラに凝ってるんだわ、この人。

 
DSC_0586

 

いや、美味しいよ。めっちゃ美味しい!でもね、母はカロリーが気になるんだよ、、、私の体はね、あなた達と違って燃費がいいの。こんなにたくさんエネルギーをつぎ込んでも、使う事が無いからねぇ、、

そして、メインディッシュ。
今日も!ステーキ。おおーい、コレステロール値は大丈夫かなーー?
ところがこのステーキ用のソース。作っているときに、口開けて、と。口に入ってきたのは、おお、何とまろやかなマンゴーの味!

「Flugmango買ったの?」
「当たり前じゃん!」

Flugmangoとは、食べごろのマンゴーを現地で収穫して、空輸して入ってきたもの。

思わずレシートを見た。買ったのはしかも2個。、、、

ステーキ用のソースを作りながら、「ねえ、もう一個ソースに使おうか?」
母は即答しました。「1個で十分!」

このマンゴーをピュレーにして、柿を1個細かく切って一緒に和え、白ワインで煮込んだのが今日のソースとか。

出来上がったソースは、デザートで頂きたいくらい美味しかった。

 

DSC_0587

 

私のステーキはシンステーキで。そんなにたくさん食べれないもの。

「ねえ、さっきジャガイモ茹でてたよね。」食事がほぼ終わりかけの時に、ふと気が付いて次男に聞いてみました。

「あああぁぁ!!」、、、うん、ま、そういう事ってよくある事!

「じゃ、デザートにしようか?」
皆が一斉に言いました。「いや、もう結構!」

季節外れのブルーベリーでデザートを作ろうと用意していた次男ががっくり頭を落としました。
明日食べればいいじゃない。

みんなも、そうだそうだといいました!

 

DSC_0594

 

ただジュリーだけはまだお腹がすいていたみたい。みんなが見ていない隙に、次男のお皿をあさっていましたよ。こらっ、だめ!

 - 肉料理, 魚料理