イケメン兄弟の花婿修業   

ドイツかんたん家庭料理

*

ロラーデン 肉ロール Rouladen

   

今日は、ロラーデン。
前にもご紹介したような気もしますが、兎に角この間から食べたかったので、やっと作りました。

今日は簡単なトマトを使わない作り方をご紹介します。
あれ、前はどうだったかな?
ブログが消えて、ややこしくなって以来、前に何を作ったかよく覚えてなくって。

兎に角、始めましょう。ドイツ料理のロラーデン。

4人分

牛肉の薄切り、 約2-3mmのものを1kg
薄切りベーコン 150g
タマネギ 1個 薄切り
キュウリのピクルス 小 6本

塩コショウ
ブイヨン 500ml
トマトペースト 大匙2杯
水溶きコーンスターチ 少々

DSC_0632

 

ロラーデンのお肉は、2-3mmの厚さに切られた大きなお肉です。
こちらに来た日本人は最初、この肉を薄切りの種類と間違える人が多いのですが、これは煮込み用。炒めるだけでは固くて食べられません。

今日のお肉は開いてみると大きかったので、二つに切って、ちょっと小さい目のロラーデンを作る事にしました。

 

DSC_0634

 

お肉に、軽く塩コショウして、マイルドな辛子を塗ります。

 

DSC_0635

 

ベーコンを置いて、でもベーコンは塩味がきついので、少量使ってください。

 

DSC_0636

 

タマネギの薄切りとピクルスの千切りを置いて端から巻き込んでいきます。

 

DSC_0637

 

時間がある時にはきちんと糸で巻きますが、普段は爪楊枝。これで十分。

フライパンにオリーブオイルを入れて、肉に少し焦げ目がつく程度に焼きます。

肉に全体に焼き目が付いたら取り出して、そのフライパンで少々の玉ねぎの薄切りを炒め(約1/2個の量)しんなりしたらトマトペーストも入れてさらに炒めます。それからスープ500mlを入れてひと煮立てして、先ほどの肉を戻して煮込みます。

肉が柔らかくなったら一度、皿に取り出し、フライパンのスープに適量のコーンスターチでとろみをつけて、もう一度、煮立てたら出来上がり。

 

DSC_0642

 

今日は、茹でたジャガイモとカリフラワーの付け合わせ。

煮込むのに40-50分かかりますが、用意する手間はたいしてかかりません。
ただ注意すべき事は、スープの塩味、ベーコンの塩味も考えて、肉に塩をするときは控えめに。

ワインは辛口の赤ワインが合います。

この肉ロールの中に入れるものは、皆さんお好きなものでどうぞ。

今日のロラーデンは、こちらのクラッシックな作り方です。
煮込むスープをトマト味にしてもいいし、肉に、みじん切りのパセリ、松の実やレーズンを巻いても美味しいですよ。

ご自分の好きなもので作ってみて下さいね。

 

 - 野菜料理